So-net無料ブログ作成
検索選択

Casual Style…ザ・ウィンザーホテル洞爺 ハイフロアダブルのお部屋 [-ザ・ウィンザーホテル洞爺]

ちょっと狭めですが…

DSC02207.JPG

上質感は十分ですね。






ザ・ウィンザーホテル洞爺の滞在スタイルは2通り。

DSC02232.JPG

チェックインから24時間滞在の可能な「プリミエールスタイル」は、専用のプリミエールサロンを使えるなどの特典が付いているプラン。ゆったりとしたジュニアスイート以上のお部屋での宿泊となります。また、フロアは基本的に高層階となります。
そして、もうひとつが「カジュアルスタイル」。こちらはチェックイン15時、チェックアウト12時となり、基本的には3~6階の低層階のお部屋です。
カジュアルスタイルのフロアでも、お部屋サイズは40㎡あるので、滞在には十分なサイズですが、折角のリゾートでゆったりと過ごしたいなら、プリミエールスタイルを選択したいところです。

ただ、自分、今回はあえてカジュアルスタイルをチョイスしました。
元々一泊ステイで、かつ、あちこち動き回る自分には、お部屋でゆったり、というスタイルはあまり意味がないので…
でも、カジュアルスタイルのお部屋でも、ダブルベッドのお部屋でOKなら、高層階を選択することができます。
今回、ハイフロアダブルステイをチョイスしました。

DSC02237.JPG

こちらは8階の館内図(正確には非常非難経路図です)。
ほとんどの部屋は広めな中に、所々小さなお部屋があるのがお分かりいただけると思います。
ここがスーペリアダブルのお部屋になります。

DSC02209.JPG

ダブルベッドの横幅は170cmと、最近主流のキングサイズ(約200cm)よりもちょっと狭いですが、一人ならば十分すぎる大きさです。

DSC02210.JPG DSC02211.JPG

ベッドサイドに据え付けられた電話やルームコントロールパネルが、ちょっと時代を感じます。最近オープンやリニューアルしたばかりのお部屋に泊まることが多かったので、余計にそう感じるのかもしれませんが、もちろん、使い勝手が悪いわけではないので、何の問題もありません。

DSC02212.JPG

デスクの真正面に鏡がある、鏡台兼用のデスク。

DSC02213.JPG DSC02214.JPG

デスクサイズはそれほど広くないですが、仕事するわけでなければこのくらいでも十分かとは思います。

DSC02215.JPG

小さなテーブルに、椅子が2脚。
新規オープンのホテルに泊まることが多かったので、こうしたオーソドックスなタイプのお部屋、懐かしさを感じてしまったりします。
その向こうの窓からは…

DSC02229.JPG

今回のお部屋は、レイクビュー。洞爺湖が見える方のお部屋です。
ザ・ウィンザーホテル洞爺は、廊下を挟んでこちらの洞爺湖側と、内浦湾を望むオーシャンビューのタイプに分かれます。料金設定はレイクビューの方が高くなっていますが、オーシャンビューも海に沈む夕日を眺めることのできることから、正直最初はオーシャンビューのお部屋にしようかとも思いました。
ただ、この日はご覧の通り曇り空だったので、結果的には夕日はみれなかったかも…と考えると、レイクビューのお部屋にして、正解だったかな?
(実は、この選択がやはり正解だった、と、次の日にあらためて思うのでした)

DSC02218.JPG DSC02216.JPG

テレビの脇に、ポットやソーサー類はコンパクトにまとまっています。

DSC02485.JPG DSC02487.JPG

冷蔵庫の中も非常にオーソドックス。
ビール500円、ソフトドリンク類は200円、スナックが300円というのは、比較的良心的なのかな?
ブルーのボトルが印象的なホテルオリジナルのミネラルウォーターは、お部屋当たり2本までは無料ですが、追加は一本525円もかかります。ビールより高いとは…すごいギャップです。

水回りもご紹介します。

DSC02220.JPG

こちらもホテルとしては非常にオーソドックスな造り。
広いシンク回りは、色々置いて使うにも十分。トイレはもちろん、シャワータイプです。

DSC02224.JPG DSC02225.JPG

ここウィンザーホテルでは、一般フロアのアメニティもブルガリ。

DSC02221.JPG

バスタブは、広さは十分です。ただ、最近はシャワー別、洗い場付の独立タイプのお部屋ステイが多いので、やはりこの中でのシャワー、水はね含めてちょっと気になるところ…いや、それは贅沢、というもの。

DSC02222.JPG DSC02223.JPG

ホテルロゴ入りのバスタオル。
そして、同じくロゴ入りのバスローブは、スパへ行く時、このまま羽織って出向けるようになってます。
リゾートホテルは、やはりそのぐらいの寛ぎ感は欲しいところですからね。


特に目新しいところがあるわけではないですが、一泊して、特に不都合を感じることはありませんでした。これって、清潔感含め、歴史、格式あるリゾートホテルの成せる業、というとこでしょうか。

DSC02246.JPG

お部屋チョイスをレイクビューにした理由、実はもうひとつあります。
ここはホテル中央、エレベーターホールのすぐ脇にある階段。
非常階段というたてつけですが、ここの奥のスペースからは…

DSC02247.JPG

ご覧のように椅子が用意されていて、その向こうに、内浦湾の景色を見ることができるようになってます。
各フロアにこうしたスペースがあるようです。ホテルに確認した際、ここから夕日は眺められますよ、とのことだったので、ならば、ということでレイクビューにしたということ。

DSC02248.JPG

当日の眺めが、こんな感じ。
ウィンザーホテルのゴルフ場はみえますが、その奥に本来見えるはずの海は、ほとんど見えません。
このホテル、標高はかなり高い場所にあるため、夏場の今の季節はガスがかかったようになってしまうので、ホテルの紹介などでよく見るような、澄み切った空と海が!というようにはなかなかいきません。
この日もそんな感じでした。


そんなザ・ウィンザーホテル洞爺の施設を、次回はご紹介します。


(つづく)


ザ・ウィンザーホテル洞爺のご予約はこちらから


nice!(11)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

nice! 11

コメント 2

さがちゃん

おおおー、凄くお久しぶりです!ブログ再開されていたんですね~。
スパ情報の検索で、久しぶりに訪問して気が付きました(汗

そういう私もブログは放置状態ですが、ホテルスパは相変わらず好きです^-^



by さがちゃん (2014-08-30 23:18) 

しんりゅう

みなさん、ご訪問、nice!&コメント、ありがとうございます!
お部屋はシンプルでも、雰囲気があるホテルだと、それだけで十分、と
いう感じがしましたね。
観光地だとホテルの部屋で寛ぐということがあまりないので、
このくらいがちょうどいいのかもしれません。

>さがちゃんさん!
すごくお久しぶりです!
スパは相変わらずお好きならば、(ここのとこスパ記事少ないですが)
また是非チェックしてみてください。
長らくお休みですみませんでした。これからもよろしくお願いします!
by しんりゅう (2014-09-07 22:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。