So-net無料ブログ作成
検索選択

この先、楽しみ...ホテルオリオン モトブ リゾート&スパ&美ら海水族館 [-ホテルオリオン モトブ]

新たなテーマパークの建設も計画されているようですが…

DSC05401.JPG

このホテル、そして美ら海水族館をはじめとした海洋博公園一帯が、これから数年でどう変わっていくのでしょうか。
楽しみがまた増えそうです。






気がつけば、8月はあっという間に過ぎていきました…

半月以上ご無沙汰していますが、皆さま、お変わりないでしょうか?
この8月、前半は記録的な暑さ、そして後半は梅雨に逆戻りしたかのような涼しさ。
気がつけば「平年並みの夏」...

いやいや、平年を大きく逸脱した夏、でしたね。
平均って、状況次第で「標準」と大きくかけ離れている状態でも同じように表現してしまう、そんなことを痛感した夏でしたね。

自分も、この夏は一カ月通じて非常に慌ただしく過ぎていき、気がつけばまたひとつ、年を…
身体は確実に衰えてるのかな?なんて感じることも増えてきましたが、まだ「年だ~」なんて言ってる場合じゃないですよね。頑張らなければ!


そんなわけで、すっかり更新が滞ってしまったこちらのシリーズ。
今回で完結します。
かなり間延びしてしまいましたが、お付き合いください。


海の見えるベランダで、のんびりとした時間を過ごす2日目...

DSC05302.JPG

などという余裕もなく、相変わらず慌ただしいホテルステイはこれにて終了。チェックアウトのお時間です。

DSC05303.JPG

リゾートホテルのチェックアウトは11時というところが多いですが、こちらも同じように11時がチェックアウトのお時間。ですが、ギリギリにお帰りになられる方はあまりいないようで、クラブウィングのラウンジは閑散としていました。
元々6月終わり(そう、この記事、6月末の滞在記なんです)、それほど混んでいない時期ということもあるのでしょうが、非常にゆったりした時間を過ごすことができました。

こちらの「ホテルオリオン モトブ リゾート&スパ」、開業1年が経過したばかりのホテルですが、ホテルの立地、周辺環境を考えると、これから先、沖縄のホテルの中でも非常に人気の高い宿として多くのゲストが訪れることとなるでしょう。
新しさがあるということだけでなく、施設全体の雰囲気も非常に良く、あえて言うならば料飲部門が(全部見ているわけではないですが)もう少しこなれてくるといいかな…と思います。

さて、チェックアウトは終えたのですが、実はこの後、前日体験した「タラソスパ ベルメール」の続きに行ってきました!

この日のコースは、「バンジェ&アロママッサージ」の90分コース。

DSC05316.JPG

スパ受付の奥にご覧のようなスペース。こちらのスパでは各個室を「キャビン」と呼んでいます。
その一室に案内されると…

DSC05307.JPG

そこには、ご覧のようにマッサージ用ベッドと、お風呂が。
いや、お風呂というのは…これが「バンジェ」という名の水流マッサージバスです。

DSC05306.JPG

ご覧のような形のバスには、既に琉球古代海水が溜められていて、この中で約30分弱水流によるマッサージがセットされます。アロマ、海藻、そして炭酸の3種類からチョイスできるので、この後アロママッサージがあることも考慮し、炭酸をチョイスすることに。
炭酸ガスだけでなく、重炭酸イオンを凝縮したタブレットを一粒入れて、スイッチを入れると、「ボコボコ...」という音とともに、細かなジェット水流がまず足から出てきます。
そして、一定周期(2~3分ぐらい?)で、足の次は太もも、腰部、そして背中と順番に水流の出る場所が移っていき、再び足へ…という流れでジェットバスを堪能します。

お湯の温度は温めの38度くらいなのですが、水流の圧に加えて、炭酸ガス効果もあり、身体はどんどん温まっていきます。暑がりの方は、ちょっと熱いと感じるかもしれませんが、自分にとってはこのお風呂はまさに「適温」!すごく心地いい時間でした。

このバンジェ、日本に導入されているのはここだけ、という貴重なバスタブで、暑い沖縄ではありますが、こちらのスパでマッサージ等のトリートメントを受ける方は、必須だと思います。是非体験してみてください。

DSC05310.JPG

そして、この後はアロママッサージ60分。
既にバンジェのお風呂で温まった身体、血流も良くなっている状態なのでマッサージ開始直後から気分はすでに「至福」の状態に!

気がつけば、うつらうつら...
本当に寝落ちが最近は激しいです。
元々旅行に来ている時は普段の休みより早起き、かつ、けっこうあちこち動き回るので、マッサージでの寝落ち頻度は普段以上に多いんでしょうね。ただ、普段の眠りがけっこう浅い自分にとっては、こうした場所でのリラックスした、眠りに近い状態が非常に大事だったりもしますので、「レポが雑になった!」という声も聞こえてきそうですが、勘弁してやってください(笑)


こうして、スパを2日に分けて堪能した後、ついにあの場所へ向かいます。

DSC05324.JPG DSC05326.JPG

ホテルを出て、海なりの道を10分ぐらいゆっくりと歩きながら...
(この日、カンカン照りでなかったのが救いでしたが、沖縄の夏、歩けばけっこう汗が出てきます。盛夏はちょっと辛い距離かもしれません)
着いた先は、


DSC05335.JPG

行かれた方は「懐かしい~」という方も。そう、「美ら海水族館」です!
大きな水族館だということは聞いていましたが、確かに...

DSC05388.JPG

振り返ってみれば、ホテルオリオンはあんな場所に…
でも、この距離ですから、沖縄各地から美ら海水族館を目指してというのに比べれば、圧倒的に近いですよね。美ら海を何度も、時間をかけて楽しみたい方にとっては、ホテルオリオンは「ベスト」なホテルか、と思います。

DSC05337.JPG

こちらの水族館、まだ夏休み前だというのに凄い人...
沖縄を訪れる人の多くが来る場所だからそれもわかるのですが、特にこの時期多かったのが「中国人観光客」。
一見すると同じアジア系なのでわからなかったりもしますが、とにかく聞こえてくるのが右も左も中国語。
台湾からの方もけっこういらっしゃるのでしょうが、アジアンパワーはスゴイなあ...

DSC05352.JPG DSC05359.JPG

これが、平日昼間の美ら海水族館の内部。人、ひと、ヒト...魚の数よりも多いかも。

美ら海水族館のレポートは、多くの方がブログに挙げていたりもするので、ホテル&スパブロガーの自分は「行った証拠」として、何枚か撮った写真をアップしておきます(笑)

DSC05343.JPG DSC05358.JPG

やっぱり、これは撮っておかないと…というのも、ちゃんと押さえておきました。

DSC05375.JPG

ジンベイ君に、

DSC05366.JPG

マンタ君!

DSC05367.JPG

二人の競演。マンタ君がジンベイ君を下からど突き上げているみたい(^^

これ以上の写真は、プロの皆さんの写真をお探しください...


ということで、館内以外にも水族館周辺をあちこち散策しましたが、ゆっくり堪能するとゆうに半日はかかるので、時間には余裕を持って行くことをお勧めします。自分は結局、正味1時間ちょっとで、再びホテルに戻りました。

DSC05418.JPG

チェックアウト後でしたし、暑かったので、ホテル内のラウンジ「VEGA」へお邪魔して

DSC05416.JPG DSC05420.JPG

この季節限定の「マンゴースムージー」をいただきながら、束の間の休憩をとりました。
本当にこの日、ホテル館内はチェックアウトとインの狭間の時間帯ではありましたが、人が少なかったなぁ...


で、一度チェックアウトしたホテルに、なぜ戻ったかというと…
次のホテルへの移動のためです。ほらほら、来ましたよ~♪

DSC05422.JPG

あ!この車は!


(つづく)


※ホテルオリオン モトブ リゾート&スパの記事はこれにて終了ですが、まだ沖縄ステイは続きますので、
 この後時間はかかりそうですが、続きの記事も順次アップしていきますので、お楽しみに!



ホテルオリオン モトブ リゾート&スパのご予約はこちらから


nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 8

コメント 2

suzuq

あ!この車は!
by suzuq (2015-09-04 12:20) 

楽しみ子

いつもスパブログ楽しませて頂いてます!
最近はお忙しいのかな??
寒くなってきたので、体調に気を付けてお過ごし下さい。
更新、楽しみにしております(^^)
by 楽しみ子 (2015-11-18 17:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。