So-net無料ブログ作成
検索選択

太陽と過ごす場所...ジ・ウザテラスの朝 [-ジ・ウザテラス]

やはり、今日もいい天気!

DSC07652.JPG

いつ来ても、太陽の恵みを感じられるこの場所。また来たいと思わせてくれる素敵な場所でした。




沖縄の日の出は少し遅めの6時前。

DSC07636.JPG

ヴィラを塀に囲まれているので、外の雰囲気は空でしか感じることができません。
うっすらと塀の向こうが明るくなっていることで、日の出だと感づくわけです。
普通の生活道路に面しているため、電線が見えてしまうのが、リゾートに来ている身としてはちょっと残念。
(施設の一番外側の部屋なので、このような景色ですが、中側だと隣も同じヴィラなので、空だけしか見えないのかな?)

部屋で景色を堪能できないのは、これだけ天気がいいとちょっと残念かもしれませんね。
お籠りするためのホテル、と考えればその方が良いのかもしれませんが…

そんな中、昨晩あれだけ食べたのに、お腹がごはんを求めている...
というわけで、レストランがオープンする7時ちょうどに、再びファインダイニングへ到着です。

DSC07656.JPG DSC07657.JPG

一番乗り!どなたもいません。
堰も選び放題、なので…

DSC07659.JPG

朝はテラス席!一番プールに近い角の席を使わせていただきました。
テラスのバルコニーは西向きなので、朝の時間は直射日光を浴びることもなく、ご飯をいただくのには向いています。

こちらの朝食は、レストランでいただく場合はメインのみをオーダーするハーフビュッフェタイプ。
パンや野菜、フルーツ等はレストラン中央のビュッフェからお好きなものをチョイスします。

DSC07663.JPG DSC07672.JPG

DSC07665.JPG DSC07664.JPG

大きなホテルでないので、品数は抑えめでありますが、それでも十分な種類が用意されています。

DSC07673.JPG

パンの種類もまずます。

DSC07667.JPG 

ジュースはゴーヤジュース等も含め、少し地味かも…一番右はミント水。

DSC07668.JPG DSC07669.JPG

温かいものもありますが、がっつり食べたい方には、少し物足りないかもしれません。

DSC07676.JPG

というわけで、用意されていた料理を少しづつ、いつものようによそってみました。

DSC07683.JPG DSC07684.JPG

パンと温野菜が一緒、というのは、ちょっと横着しちゃったということで。

DSC07680.JPG

ビュッフェ以外のメインでは、卵料理(オムレツ)とソーセージをチョイスです。(卵料理は、ポーチドエッグやスクランブルエッグ等の洗濯可能)
この他、お魚料理もしくはガレットからチョイスできます。
たぶん、こちらでのオーダー人気はガレットなのでしょうが、すいません。やっぱり卵が食べたかったので…
ちなみに、ソーセージはかなりのボリュームですよ。

DSC07687.JPG

朝食をいただいた席から見える景色。こちらはプールサイド側ですが、右手は宇座海岸がしっかりと見えます。とても穏やかな朝です。
ホテル前の遊歩道では、ジョギングされる方や犬の散歩に出られている方...地元の方なのかな?
こんなすがすがしい景色の下で朝の運動は、気持ち良さもひとしお、でしょうね。

DSC07689.JPG DSC07690.JPG

朝食後に、再び海岸まで出てみました。

DSC07693.JPG DSC07700.JPG

朝のビーチも本当に人がいません。そして、太陽を背に向けてになるので、昨日よりも向こう側の景色が良く見えるような気がします。

DSC07696.JPG

綺麗に段差が出来ているのが不思議でした。

DSC07701.JPG

本当に穏やかな海…
ここにごろんと寝転んでしばらく過ごしたい…なんて思ってしまいますが、
相変わらず落ち着きのない旅なので、本日もうチェックアウトです。
11時までの残された3時間余りの時間は…ここの醍醐味、ヴィラの中でただただ、好きなように過ごします!

DSC07716.JPG

正直、これが一番したかったこと。
周りのことを一切気にせず、自分の好きなようにお部屋とプールを行ったり来たり…
朝8時過ぎでありますが、熱帯夜の続く沖縄、水に入ると本当に気持ちいいです!
(ちなみに、夕方に入ると日中の日差しのお陰でぬるくなっちゃってます)

DSC07711.JPG

これは自己責任、ということで、デッキチェアをリビングとベッドルームの通路まで移動。
朝は東向きなので、日差しを浴びるにはこの場所がベストポジションです。
(どんだけ焼きたいんだ…^^;)
それなりの重さなので、間違ってもバランス崩してチェアをプール内に落とさないでくださいね。

DSC07717.JPG

空は真っ青!
沖縄の綺麗な海が見えなくても、この太陽があればそれで充分です。東京だと、この感じはたとえヴィラがあったとしても感じ得ないと思います。

DSC07721.JPG

リビングの窓を全て開け、プールサイドとお部屋を行ったり来たり。
暑くなればお部屋に入り、日を浴びたければ外に出て…と、自分の思うままに行動できるって、いいですね!

DSC07724.JPG

テラスでビール!最高!



...何でもそうですが、楽しい時間はあっという間。もうチェックアウトの時間です。
時間とお金があるならば、ここには最低でも2泊、したいですね。丸一日は、朝から晩までこの中で好きなように過ごしてみたいと思いました。


さて、ウザテラスのステイ。盛夏のシーズンは一日一室10万円クラスと気軽に宿泊とはいかないこの場所。
沖縄での旅をアクティブに過ごしたい!という方には、正直お薦めはできません。よほどお金がある方でないと…
ヴィラに籠って、何日か俗世を離れてリフレッシュしたいという方には(こちらもお金に余裕があればですが)良い場所ですね。海を見たくなったらレセプションハウスに出向き、大きなプールでゆったりと過ごすこともできますし。ただ、部屋から外の景色は見えないので、海を眺めながら優雅に過ごしたいならば、同価格帯のホテルだと、恩納村のオリエンタルヒルズ沖縄の方が良いかな…

テラスホテルズであれば、アッタテラスは、ヴィラタイプではないけれど雰囲気が非常に似ていて、かつ部屋から海を臨むこともできるので、こちらの方が良さそうです。
また、スパはお世辞にも充実、とはいえないので、こちらを重視するならブセナのテラスクラブでしょう。(自分はまだ未宿泊ですが、あのタラソプールは自分ならきっと病みつきになりそうです...)

テラスホテルとしてのサービス感は安定していますし、テラスホテルが好きな方は満足できるのではないかと思います。


急ピッチでご紹介してきたウザテラス、これから行かれる方は是非参考にしてくださいね!

で、この後続きですが…
今年の沖縄旅、ウザテラスに一泊するだけで終わり、なわけではありません。(さすがにホテル好きといっても、それは…)
別のステイもしてきていますし、そもそも昨年の記事(ホテルモトブ)の続きがまだ紹介できていないので、こちらも紹介しなければいけないし…

少し間が空くかもしれませんが、沖縄ホテル、この後もご紹介していきますよ♪
(ホントにそうなるのか…な?)



ジ・ウザテラス・ビーチクラブヴィラズのご予約はこちらから


nice!(4)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 4

コメント 1

さがちゃん

陽が当たってきらきらするプールの写真素敵ですねー。
きめたー、きれいな海を見ながら一日中寝て居よう~♪
って歌いたくなりました。
by さがちゃん (2016-07-24 11:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。