So-net無料ブログ作成
検索選択

竹と畳の安らぎ...星のや東京 百合のお部屋(1) [-星のや東京]

やっぱり日本人だなぁ…落ち着く。

DSC07846.JPG

靴もスリッパも要らない、畳の優しさを素足でしっかり感じ取って、パワーをチャージ!





エレベーターを降りると、正面にはその階ごとに用意された「お茶の間ラウンジ」があります。
ただ、チェックインの時間帯、他のゲストの方がすでに数組こちらにいらっしゃったので、写真は撮れず...
一旦こちらでひと息ついてお部屋に、とも思いましたが、折角なのでそのままお部屋に通してもらいます。

DSC07831.JPG

畳で続く廊下を、一番奥まで向かいます。

DSC07837.JPG

今日のお部屋は61号室、6階の1号室、ということになります。
こちらはフロアの角部屋、「百合」のお部屋です。
1フロアは「お茶の間ラウンジ」という、居間のようなスペースを中央に、左右に3室づつお部屋があります。
中の4室が「桜」という、標準的なタイプのお部屋で、角の2部屋はこれからご紹介する「百合」、そして桜や百合のお部屋の倍の広さがある「菊」のいずれかとなります。

DSC07838.JPG DSC07839.JPG

お部屋の鍵は旅館とはいえ、最近流行の「ICカード」タイプ。ご覧のとおりドア中央より少し上の紋の部分にキーをかざすと開くようになっています。

DSC07912.JPG DSC07913.JPG

キーはご覧のようなケースに入れられていて、ケースの上からそのまま翳せばロックは解除されますので、いちいち中の鍵を出さずとも大丈夫。首からぶら下げることができるようになっているので、手ぶら状態になれますよ。
ちなみに、お部屋だけでなくエレベーターに乗る際もこのキーを翳さないと部屋のあるフロアには行けません。自分の宿泊している階だけが点灯するようになっています。プライベートはしっかり確保されています。

では、お部屋の中へ…

DSC07840.JPG

入ってすぐ左手はお手洗い。そのまま進むと…

DSC07845.JPG

最初の写真でもお見せした通り、畳の中央に2脚の椅子テーブルが置かれた、旅館のような(いや、ここは旅館ですね)空間がお出迎えです。
椅子とテーブルは、星のやオリジナル。ちょっと懐かしいです。

DSC07851.JPG

椅子の肘掛け、そのまま寄りかかって大丈夫?という気もしますが、ご安心を。極端に無理なことしなければ壊れることはありません。
ところで、星のやに泊まったことのある方は、この写真、ちょっとした違和感を感じるかもしれません。
何の変哲もない、ごく普通の旅館のお部屋といった感じですが…

DSC07853.JPG

テレビがあるんです!
星のやでは、日常から離れてゆったりと過ごすためにテレビが置かれていないというのがお約束だったはずですが…

ここは東京大手町。泊まる方は「日常から離れて…」という方ばかりでなく、むしろお仕事バリバリのビジネスマンも多いはず。なので、テレビを外した部屋の造りというのはかなり難しかったようです。
確かに、ここを拠点にして数日仕事をされる方などには、休みの時間であっても生の情報をキャッチアップできることがとても重要だったりします。また、海外からいらっしゃる方にとっては、日本の文化の一端を感じてもらうためにも、テレビが必要だということかもしれません。

隣の小さな機器はブルートゥース対応のスピーカー。このあたりも今どきの旅館、といった感じです。

DSC07863.JPG

この障子の向こう側も窓になっていて、昼間は外光を取り入れて鮮やかな白を浮かび上がらせるのですが、この障子は開けることができません。ちなみに、この向こうは北側になり、階下に星のや広場(前々回記事でご紹介した広場です)が見えるはずなので、個人的には開けられればいいのに…と思います。

DSC07864.JPG

引き出しには、館内案内や星のリゾート(102周年!)の紹介パンフレット。
右側にはレターセットが入っていました。

DSC07861.JPG DSC07862.JPG

縁台の下は物入れになっています。使うことはあまりないと思いますが…
(自分の私物を入れてしまったら最後、忘れてチェックアウトしてしまいそう…)

DSC07854.JPG

ベッドはキングサイズのベッドです。百合のお部屋はキングサイズですが、桜のタイプではキングとツインが選べます。星のやスタイルらしく、ベッド高は低めにできているので、ご年配の方にも優しいですね。
シーツが思いのほか気持ちよく、翌日チェックアウトまでの間、この中でごろごろしながら過ごしたのが非常に心地良かったです。

DSC07857.JPG DSC07858.JPG

ベッドサイドのランプも、雅な感じでよいですね~。

DSC07859.JPG

お部屋のライトは、ベッドサイドのスイッチで調光可能。
真ん中の5つのスイッチが、左から順に明るさを調整できるようになっていて、自分の好みの明るさにワンタッチで調整できます。

DSC08057.JPG DSC08058.JPG

DSC08059.JPG DSC08060.JPG

1~4段階まで、徐々に明るくしてみたんですが…うーん、
最初と最後を比べると明るさの違いはよくわかりますが、間を挟むとちょっと微妙ですね(^^;


お部屋紹介、一気にご紹介しようと思いましたが、
長くなりそうなので、続きは次回にさせていただきます。(じらしてすみません...)


(つづく)


星のや東京のご予約はこちらから


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。