So-net無料ブログ作成
検索選択
-フォーシーズンズ椿山荘東京 ブログトップ
前の10件 | -

フォーシーズンズホテル椿山荘、また来たいですね♪ [-フォーシーズンズ椿山荘東京]

イル・テアトロでのディナーを楽しんだ後、23時まで散策ができる椿山荘ガーデンを歩いてみることに…

P1020496.jpg P1020503.jpg

ライトアップされているとはいえ、さすがにひっそりとしたこの時間。お庭に出ている方はほとんどいません…
赤と緑のライトアップは、紅葉と同時に、この後控えているクリスマスを思わせるものがありますね。

P1020504.jpg

赤の発色(ライト)が効いているせいか、秋の季節らしい紅葉感は夜の方が出ているような気がしました。
これも意識した演出ならば、上手いですね。
(ただ、関係ない樹木も赤々と写しだされてしまうんですけど…^^;)


続きを読む


nice!(29)  コメント(13)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

FS椿山荘イタリアン「イル・テアトロ」のプライベート?ディナー(^^ [-フォーシーズンズ椿山荘東京]

今月は2日に1日は更新しよう、と思ってたのですが、早くもこの日の記事アップは大幅に遅れてしまいました…
1日おきは、ギブになっちゃうかも…
でも、可能な限りは1日おきにしたい…なので、今回の記事はめずらしく「定時(0:00)」外の更新です。
(ちょっとフライング、程度なんですが、実際には22時間近く遅れてのアップ、です^^;)


さて、今回のイベントその3は、ホテル内レストランでのディナー編です。

フォーシーズンズホテル椿山荘東京のレストランは全部で5つ。バー「ル・マーキー」とロビーラウンジを除けば実質3ダイニングになります。(実際には椿山荘内のフレンチ「カメリア」やカフェ「フォレスタ」、さらには庭園内にも3つの食事処がありますので、種類は豊富なんですが)

P1020259.jpg P1020258.jpg

そのうちのひとつが2階にある日本料理の「みゆき」。

P1020246.jpg

そして、残りの2つが3階にあるカジュアルダイニング「シーズンズ・ビストロ」、そしてイタリアンの「イル・テアトロ」になります。
今回のステイプランはこのうち「みゆき」「イル・テアトロ」でのディナーが20%オフという特典も付いており、SPA後で一歩もホテルの外へ出たくない自分は、このどちらかで食事を取ろうと計画してました。

P1020527.jpg

そんな中、それぞれのレストランで期間限定のディナープランを用意しているとのこと。
まず日本料理「みゆき」では、「味めぐり30選」。おひとり様9,500円(サ別)で、前菜9種盛り合わせのほか、
 ・鉄板焼(国産牛フィレ、有頭海老、帆立貝柱、賀茂茄子、坊ちゃん南瓜)
 ・にぎり鮨(中トロ、白身、鳥賊、いくら、雲丹、穴子、カリフォルニアロール、本日のおすすめ)
 ・三元豚しゃぶしゃぶ
 ・蕎麦、うどん、ご飯(薬膳蕎麦、稲庭うどん、季節のたきこみご飯、こしひかり白飯)
 ・汁物(清まし仕立て、なめこと豆腐のあわせ味噌)
 ・甘味(みゆき特製葛きり)
の中から、好きなものを好きなだけチョイスできる、という、いわゆる洋食でいえば「ビュッフェ」のようなスタイルで楽しめるコースメニュー。

そして、イタリア料理「イル・テアトロ」からは、「Sensazionale(センサツィオナーレ)」。こちらはおひとり様9,800円(サ別)で、アミューズからデザート、小菓子までの15種類の味が楽しめる創作コース料理になります。

いずれも魅力的なのではありますが…
みゆきをチョイスした場合、SPA後でスタート時間が遅いこと、そして、はたして沢山食べられるんだろうか…ということ、さらに、駄目~な「生魚の入ったお鮨」がけっこうあること、などの理由につき、三元豚しゃぶしゃぶは食べたかったんだけど、今回は見送りに。

というわけで、必然的にではありますが、今回はイル・テアトロに向かうことにしました。
でも、種類は30選よりは少ないといえ、実はSPA後って、沢山食べれそうでなかなか食べれないもの。このコースもフルで堪能できるかどうか心配…
なので、事前に「この中から数種類抜いてオーダーすることはできますか?」と聞いてみたところ、「大丈夫ですよ」とのお返事をいただけたので、それならばということで、一部ショートカットにてこのコースをいただくことにしました。


続きを読む


nice!(36)  コメント(19)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

男子にはちょっと寂しい…FS椿山荘スパ「悠」(2) [-フォーシーズンズ椿山荘東京]

素敵な空間、フォーシーズンズホテル椿山荘東京のスパ「悠 Yu」、お待ちかねのトリートメントです。

IMG_0251.JPG IMG_0252.JPG

施術を受けるゲストは、左の写真のようなバスローブ(紙パンツ付)、そしてスリッパが渡されます。
スリッパ、普通のものと比べてもらえばおわかりのとおり、かなり大ぶりでふかふかです。


IMG_0253.JPG

そして、バスローブも普通のものより数段ふかふか!おまけに大ぶりです。
(細身の自分が着用すると、かなりだぶついているのがおわかりいただけますか?^^;)

ラウンジに出向き、本日のセラピストMさんによるカウンセリングから入ります。
ここのメニュー量は豊富で、男性専用メニューだけでも14種類のラインアップがありますし、全部で50種類以上の中からチョイスするのはけっこう大変なもの…

この日はスパの終了時刻が普段よりも早い20時。(通常時は22時までやっています)
なので、その前の時間のことを考えると、選べるコースはおのずと90分程度になってしまいます。本当はフェイシャルも受けてみたかったのですが、最近スパ来訪の頻度が下がっている自分、ここはしっかりと身体をほぐしてもらいたい!ということで、男性向けメニュー「デイストレス・マッスル・リリース・トリートメント(90分)」をセレクトすることにしました。

同じようなメニューで女性も受けられる「リストア&リリース」もあって、電話で違いを聞いてみたんですが、スタッフの方もイマイチ違いがきちんと説明できないようで…予約時にはこちらを選んだはずなのに、ホテルについてからの「スパ手配書」にはこの「デイストレス・マッスル・リリース・マッサージ」と…
きっと、大きな違いはないんでしょうね。(お値段も同じです)


で、ここまではいいのですが、この後がちょっと寂しくなってしまうんです…

P1020403.jpg

バスローブを羽織ったまま、スパの入り口を出てエレベーターホールを抜けて案内されるのがこのお部屋。
ちょっと無味乾燥な感じは「スタッフルーム?」と思ってしまいたくなる印象。
このホテルのある文京区の条例で、「施術エリアは男女明確に分ける」ことが定められているそうで、男性エリアはほぼ蚊帳の外に…
これ、ここのスパの最大の不満点です。

スパを数年前にリニューアルした時、国内随一のスパを造ろうとし、実際にその期待に違わぬスパが出来ているのですが、ここだけは完全に見誤ったようです。
一瞬だけ気分が冷めてしまうんです。

女性の皆さんにとっては「ほぼすっぴんでバスローブ一枚のエリアに男性がいること自体が許されない!」というご意見をお持ちの方もいらっしゃると思いますし、そういう方々のご意見も考慮して、ということになるのかもしれません。それはそれでよくわかるんですが…やはり寂しいなぁ…

ちなみに、ここのスパの売りのひとつ、「スパスイートルーム」。
専用アウトバスとヴィシーシャワーを備えた「湧水(YUSUI)」や、緑に囲まれたアウトバスを備えた「落水」「流水」のスイートはいずれも女性用のお部屋になってます。
せっかくの「ウリ」も、男性にとってはどうにもならない、というのが悲しい…

椿山荘TR.jpg

(悔しいので、写真だけフォーシーズンズのHPからお借りしてきました…)


続きを読む


nice!(35)  コメント(15)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

魅力あふれる都会のオアシス…FS椿山荘スパ「悠」(1) [-フォーシーズンズ椿山荘東京]

さて、ようやっとこのブログのメインテーマに辿り着きました。
今回のフォーシーズンズ椿山荘東京ステイのイベントその2は、もちろん…「SPA」です!

P1020404.jpg

国内外いずれの評価も高いといわれているフォーシーズンズホテル椿山荘東京のスパ「悠、Yu THE SPA at Four Seasons」。
都内ホテルの中でも随一といわれる敷地面積を誇るこちらのスパはロビー階よりひとつ下の2階にその居を構え、トリートメントルーム、ラウンジ、プール、フィットネススタジオ、さらには温泉(温浴施設でなく、「温泉」ですよ)も兼ね備えた、まさに「都会のリゾート」。あの「ゲラン」のトリートメントルームも、このスパとは運営が別ですが同じフロアに入っています。
スパ好きさんなら一度は訪れてみたい場所ですね。

P1020405.jpg

ラウンジエリアの一角。並みのホテルロビーよりも立派です!

P1020406.jpg

この素敵空間は、もちろんスパゲストと会員のみに許された場所。
宿泊客であっても、普通に利用するには4,200円を支払わなくてはいけません。ただし、今回はこのスパ利用無料のプランなので、気兼ねなく使わせてもらいます!



続きを読む


nice!(39)  コメント(16)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

FS椿山荘東京、ガーデンビューの眺望♪ [-フォーシーズンズ椿山荘東京]

今回のフォーシーズンズホテル椿山荘東京ステイは、庭園を見晴らせる「ガーデンビュー」のお部屋になりました。

P1020329.jpg

ご覧のとおり、このホテルでは比較的上層階の11階。ちなみに、その上の12階と下の7~10階は禁煙フロアで、最上階の14階は喫煙可のフロアになってます。
14階?とお思いの方もいらっしゃるでしょうが、このFS椿山荘東京には「13階」のお部屋がないんです。

P1020412.jpg

やはり「13」という数字を避けてる、ってことなんでしょうかね…

P1020370.jpg

最初の写真でも紹介したこのお部屋、端っこの方なんだけど、実はガーデンビュー側のお部屋はこの一角がベストな場所。
ちょうどま正面に庭園を臨む場所になるからなんです。

P1020379.jpg

ちょっと陽が落ち始めてきた椿山荘の眺め。
お部屋の真正面に例の三重塔がみえますよね。ここは、庭園を、そして、さらにその先の西方面の景色も堪能したい人にはとてもいい場所になるというわけです。
(低層階になると、お庭をメインにした緑が正面に飛び込んできて、これはこれでいい感じだと思いますけどね♪)


続きを読む


nice!(37)  コメント(14)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

フォーシーズンズホテル椿山荘東京「ガーデンビュー」のお部屋 [-フォーシーズンズ椿山荘東京]

フォーシーズンズホテル椿山荘東京ステイ、今回は(も?)、一休.comの期間限定、25,000円のステイプランをチョイスしました。
前回2008年1月の初ステイはシティビューだったので、今回は絶対にガーデン側のお部屋をリクエストしたいと思っていたところに、「SPA利用無料」に加え、「SPAトリートメント20%オフ」「イル・テアトロもしくはみゆきのディナー20%オフ」という特典付きがこのお値段で出ていたので、迷わずチョイス!(だって、スパメインですから 笑)
同じタイミングで一休.comのヘビーユーザーのみに送られてくるVIPメールで「シティビューのデラックスルームにアップグレード(特典内容は同じ)」というプランも出てましたが、当日の状況によってガーデンビューへのアップグレードが確実にGETできるかどうかはわかりませんでしたので、確実性をとりました。

P1020401.jpg

エレベーターホールからはけっこう距離のある奥のお部屋へ案内されます。

P1020360.jpg

いつもながら、この瞬間はわくわくしてしまいますね…

P1020343.jpg

帰ってきました!フォーシーズンズ椿山荘のお部屋!
見覚えのあるベッドスロープとソファがそこで待っていてくれました。

続きを読む


nice!(41)  コメント(13)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

椿山荘のガーデン、紅葉にはちょっと早かった… [-フォーシーズンズ椿山荘東京]

フォーシーズンズホテル椿山荘東京のご紹介ですが、隣接している椿山荘の庭園は、今から100年以上も前に造られた自然庭園で、ここに来るゲストの目を四季折々で楽しませてくれます。
安藤広重の浮世絵にも描かれているという、由緒ある庭園だということを知ったのはつい最近のことでした。

P1020297.jpg

折角空が晴れてて天気がいいのですから、日の高いうちにお庭へ出てみることにしましょう。
前回のアフタヌーンティーでご一緒したbaby_pinkさんがひと足先に記事にされてますので、よろしければこちらもどうぞ^^

P1020300.jpg

ロビーのあるフロア(3階)から、正面の階段を降りて1階ガーデンの入口へ向かいます。
途中の階段に差し込んでくる秋の柔らかな光に魅せられて、思わずカメラを向けてしまいました。



続きを読む


nice!(29)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

FS椿山荘東京「ル・ジャルダン」でアフタヌーンティー^^ [-フォーシーズンズ椿山荘東京]

今回のイベント、その1は

P1020289.jpg

ここが好き!って方も多いはず…
そう、ロビーフロア「ル・ジャルダン」でのアフタヌーンティーで、ステイの幕開けです!

P1020253.jpg

椿山荘のお庭を見ながら、フォーシーズンズらしい雰囲気たっぷりのこのロビーで、人気の高いアフタヌーンティーを満喫してきましたよ♪

もちろん、おひとりさまでもゆっくりと堪能できるこの雰囲気(実際、おひとりさまでアフタヌーンティーを楽しむ方はけっこういらっしゃいました^^)、でも、折角だから、誰かと一緒に堪能したいですよね…

そう、今回、予告どおりのゲストをお招きしてのティータイムです。
その方とは…baby_pinkさん!

いつもブログにご訪問いただき、ほんわか温かいコメントをお寄せいただくbaby_pinkさん(この後はpinkさんとさせてもらいます)と「どこかでお会いしたいですよね~」なんてメッセをやりとりしていたところ、ならば恒例の(といっても、今回で2回目ですが 笑)アフタヌーンティーでのオフ会にしましょう!ということになりました。
で、久々にステイもしたい、スパにも行きたい!という思いがあったここでどうです?とのお誘いに「OK♪」のお返事、ということで、あっという間に決まりました。


もちろん初対面同士なのでいきなりわかるかなぁ、という不安はありましたが…
やはり雰囲気があるのでしょうか?pinkさんは待ち合わせ場所ですぐに気づかれたようです。
でも、ちょうど自分が携帯メールを送信中でわざわざ一歩引いて待っててくださったみたい…^^;(そりゃ、いきなり初対面でしかも40オトコ、声、かけづらいですよね)

続きを読む


nice!(37)  コメント(15)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

都内のリゾート、フォーシーズンズホテル椿山荘東京、再び! [-フォーシーズンズ椿山荘東京]

前回の記事の写真で察せられた方もいらっしゃると思いますが、今回のホテルご紹介は…

P1020224.jpg

そう、東京目白の高台にひっそりと佇む都内のリゾート、「フォーシーズンズホテル椿山荘東京」!

このブログで、はじめてホテルステイ&スパをトータルでご紹介した、フォーシーズンズ椿山荘に行ってきました!
昨年の1月に「さくらステイ」で泊まって以来、久々の再訪ということで気持ち的にもわくわくしてました。
何といってもここの魅力は、東京都内(しかも山手線内)にありながら、まるで都内にいることを忘れさせてくれるような雰囲気がたっぷりなこと。

アジア初のフォーシーズンズホテルであるここは、結婚式場としても超有名な椿山荘のすぐ隣にあり、ホテルに泊まったことのない方でも訪れたことがあるという方が多いと思います。(いや、椿山荘に来た方の方が多くて、ホテルステイされた方の方がむしろ少ないのか…)

283室のお部屋の中には51室のスイートルーム(種類はなんと10種類!)、最低でも45㎡の広さの部屋を持つこのホテル、最近でこそ沢山出来た外資系ホテルに押されてきている感もありますが、非常に多くのファンを抱えるいいホテルであると思います。


そして、ここも経済不況のあおりを受け、今では2万円台半ばで泊まれるプランが目白押し。
昨年1月のステイよりもお安い25,000円のお値段で宿泊してきました~

続きを読む


nice!(36)  コメント(18)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

フォーシーズンズ椿山荘東京スパ「悠」体験記-3 [-フォーシーズンズ椿山荘東京]

さて、セラピストさんがお迎えにきて、いよいよトリートメントです。

ここで、スパレセプションを横目に奥のトリートメントルームへ…ではなく、男性の場合はここで入口を出て、エレベーターホールを抜けていくのです。ホールの左手にドアがあり、実はここが男性用のトリートメントルーム…ちょっとした疎外感を感じます(哀)

先日紹介したハイアットリージェンシー東京のスパ「ジュール」の時もそうでしたが、新宿区と同じくこの椿山荘がある文京区の風営法では、トリートメントルームに関して男女のスペースが明確にわけられています。そのため、男性はこの1室しかない部屋へ必ず通されるのです。

まだまだ、男性にとってのスパ市民権は認知されていないのですね。
(確かに、予約の際「男性の方が3組ほど入っているため、空き時間に限りがあります」といわれていたので、何となくそうかな?とは思っていましたが)

そんな複雑な気持ちの中、部屋に通されます。
入口正面には衝立があって、その奥にトリートメント用のベッドがあります。(正直、そんなに広くはありません。)
入口右にソファがあり、そこへ通され本日のトリートメント内容の説明を受けます。
(ちなみに昨日書いたとおり、今回はヘッドスパです。)

まず、ベッドにうつ伏せになり、背中から首、肩にかけてのマッサージを受けます。
「悠」のトリートメントには、マンダリンオリエンタルと同じ「アロマテラピー・アソシエイツ」のものが使われます。この時のボディマッサージには「ナーリシングボディオイル(ローズの香り)」が使われました。

その後、ヘッドマッサージを経て、仰向けの状態で頭皮をマッスルジェルでほぐし、最後に髪にヘアクリームを塗って栄養を与えます。(この時のコスメが何だったかは忘れてしまいました。すみません)
ホットタオルを頭に巻いて髪になじませている間に、デコルテのマッサージを受けて、あっという間の45分間が終了です。

最後にベッドに座って軽く背中のマッサージを受けて終わりました。

いつもはボディマッサージをたっぷり受けているので、それと比較するのは何ですが、ちょっと物足りなくは思いましたが、それでも一通り背中から上をトリートメントしてもらえるので、時間のない方には非常にお勧めのコースですね。
また、ヘッドセラピーは、30分程度のものもありますので、ボディトリートメントにプラスして、という組み合わせ方も効果的だと思います。

頭にタオルを巻いたまま、ラウンジへ戻ってお茶とフルーツのサービスを受けながら、今日の感想などをセラピストさんと話しました。

その後は、温泉に入って頭をシャンプーしてリフレッシュ!
温泉で用意されているシャンプー、コンディショナーはいずれもアロマテラピー・アソシエイツのもので、ローズマリー、イランイラン、パンテノールなどが配合されていますが、こうしたコスメ特有の匂いがあまり気にならないので、男性にも十分受け入れられるものだと思います。

温泉につかりながら、つくづく今回のステイは良かったなぁ、と感じずにはいられませんでした。


(男性用温泉内の様子です)


(わかりにくいですが、シャンプーやボディソープは「アロマテラピー・アソシエイツ」です)

(全体の感想)☆☆(☆) ←☆2つ半、ですね
都内にあるスパ施設としては、プール、ジャグジー、ジム、温泉、サウナ、トリートメントと全ての施設が余裕あるスペースに造られており、かつ都内とは思えないような静かな環境がリゾートに来たかのような感覚を味わわせてくれます。
トリートメントだけでいえば、男性にとっては部屋が1つしかなく狭い、ということで正直改善してほしいところです。ただし、前後の時間を含めて一日ゆっくりするということを考えれば遠方のリゾートなどへ行けない人にとってはかなりのものが満たされますので、その点を含めれば十分に満足できます。

今回トリートメントがヘッドスパの45分と短かったので、他との比較が正直難しいということで☆3つとはならなかったのですが、同じ条件であれば違ったかもしれませんね。

レセプションやセラピストさんの評価は他同様良かったのですが、こちらはメンテナンススタッフの方(特に男性)の対応も総じて笑顔がみられ、丁寧な対応をしていたという印象があります。これは重要なことだと思います。更衣室など本来のトリートメントや施設利用以外のところで過ごす時間は意外と長いため、そうした場所での対応一つひとつが印象を大きく左右すると思いますので、ホテルスパにおいてはこうした裏方スタッフの方への教育も特に大事にしてほしいと思います。



前の10件 | - -フォーシーズンズ椿山荘東京 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。