So-net無料ブログ作成
-星のや京都 ブログトップ

星のや 京都(10)-次は「桜」「新緑」それとも「紅葉」? [-星のや京都]

先月下旬からお送りしてきた「星のや京都」の記事も、今回で終わりとなります。
最初から記事をご覧になりたい方は、以下のリンクからご覧くださいね。

 星のや京都(1)-「水辺の私邸へようこそ」

(サイドバーにあるカテゴリー「星のや京都」でもご覧いただけます)


お部屋でのんびりこのまま過ごしたい、という思いもむなしく、チェックアウトの時間が迫ってきました。
名残惜しいですが、お部屋を後にします。

P1030445.jpg

お昼の「水の庭」の風景。曇っていたのがちょっと残念でしたが、水のある風景というのは落ち着きます。
もっとも、さっきまで大堰川をさんざん眺めていたのに比べると、「ずいぶんちっちゃいな」って感じなんですけど^^;

この前にあるフロントへ出向きましたが、スタッフさんは誰もいません。
12時近くで、チェックアウトするゲストが大勢来るはずなのに…
しばらくして出てきた男性スタッフはみたところ、まだ若い感じ。そして、なにより「笑顔」がありません。
最後のお別れの場が、これっていうのはちょっと…

星のやのスタッフは軽井沢もそうですが、若いスタッフが多いです。
それが故に、時折ゲストのちょっとした要望になかなか気が利かないということなんかも、口コミなんかではよく言われていることですが、今日のチェックアウト時のスタッフさんもそんな感じでした。思えば、昨日のチェックインの時にフロントで対応されたスタッフ(こちらは女性)も、笑顔がなかったなぁ…
フロントは新人さんの受け持ち、なんでしょうか?
明らかに他のスタッフとの落差が大きすぎましたね。これはとっても残念なことでした。

P1030451.jpg

さあ、気を取り直して!
そんな星のやさんのチェックアウトでしたが、お宿のお勘定書は、いわゆる封筒ではなく、このような「小風呂敷」に包まれて出てきます。これはいいですね~♪
小風呂敷なんて日常で使うこともあまりないけど、ホテルのロゴが入っただけの無味乾燥な封筒に入れられるよりははるかにいいです。
何で2つあるかって?
片一方はこの日のホテル精算ので、もう一方は夕べのダイニングのお勘定書。(お部屋付けにせず、別途精算していたので、わざわざ違う色が欲しい!と言って、もらっちゃいました^^)

続きを読む


nice!(34)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

星のや 京都(9)-ここでしか見れない景色 [-星のや京都]

連続でお届けしている星のや京都、ここのところTVでも紹介されているようですね。
残念ながら自分はいずれも見る機会がありませんでした。実際に行った場所なので、どんなふうに紹介されているのは気になるんですけどね。

さて、朝食も終え、川沿いの「葉雫」の部屋から、のんびりと外の景色を眺めています。
でも、眺めているだけでは飽き足りないので、LX3でちょっと遊んでみました。

P1030321.jpg

ファームウエアのアップデートで機能が追加になったアスペクト「1:1」での構図です。
ちょっと設定するのが面倒なんですが、たまにはこんな構図で写真を撮ってみるのも面白いなぁ…

P1030323.jpg

これは、「ブレ」ではありません。多重露出を使って撮影してみたもの。
何枚かやってみたんですが、まだまだ納得いく美しさにはなりません。修行せねば…

そんなことをして遊んでいるうちに、あの時間がやってまいりました。


続きを読む


nice!(28)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

星のや 京都(8)-朝はヘルシーに「朝鍋朝食」 [-星のや京都]

お散歩から戻り、まもなく「ピンポ~ン」のチャイムの音。
そう、ルームサービスでの朝食の登場です!

ここ「星のや京都」は、朝食の時間、ダイニングはクローズしています。
オープン直後ということもあり、ここまでの手配が間に合わなかったのかもしれませんが、朝の時間は全て「インルームダイニング」での朝食なんですね。
旅館ではごくごく普通のことですし、これはこれで良いのですが、可能ならばダイニングでもご飯が食べられるといいなぁ~

でも、あの景色を眺めながらののんびり朝ごはんは、これはこれで楽しみでした。

P1030367.jpg

「失礼しま~す」とスタッフが2人、お部屋の中に入ってきて、朝ごはんの支度です。
元々ソファのテーブルは小さくって「ここでさすがに朝食は並べられないよなぁ…」と思ってましたが、ご覧のようにちゃんと朝食用のテーブルが用意され、その上で準備が着々と整っていきます。

ちなみに、ここ星のやの朝食は「和食」「洋食」の2タイプからのチョイスが可能。
洋食の方は、いわゆるホテルでいう「コンチネンタルブレックファスト」になっていまして、2,900円とお値段は安めですが、パンとコンフィチュール、牛乳やジュースといったありふれたメニュー。ちょっと物足りないです。

なので、もちろんここでは「星のや朝鍋朝食」をチョイス!(お値段3,800円+サービス料20%)

P1030368.jpg

準備万端!ヘルシーな朝ごはんの始まりです!

続きを読む


nice!(45)  コメント(21)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

星のや 京都(7)-初冬の朝のサプライズ [-星のや京都]

一日歩きつかれたせいか、かなり早いスピードで眠りについてしまった昨晩…
朝、7時前ぐらいに目が覚めて、ふと障子の上のほうに目をやると…

P1030296.jpg

あれ?何だか赤い!
おかしいな、紅葉の季節はもう過ぎたはずなのに…(もしかして、まだ夢の中?)

P1030297.jpg

いや、でも、どうみても赤いよね…

ベッドからもそもそと起き上がり、障子を開けると…

続きを読む


nice!(35)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

星のや 京都(6)-「ダイニング」で楽しいオフ会! [-星のや京都]

天候不良で舟が出ないので、仕方なく待合所に戻り、そこから車で宿まで戻ることになりました…
待合所には3名ほどお待ちで同乗しての帰宿になるわけです。
車の準備まではけっこう時間がかかり、さあ、宿まで戻ろうという時に、さらに1名男性が到着…
自分も含めて5名のゲストがワンボックスに乗り込んで、車で10分ほどの宿を目指します。

が、これが、想像以上に「怖い…」
星のや京都までの車での道のりは、細い一本道を通ってになります。自分は川側(つまり、右下は崖状態)に座ったので、そのスレスレ感をかなりリアルで感じることになりました。これはかなりキツイなぁ…
(写真がないのが残念です)
嵐山の夜間ライトアップを舟でのんびり眺めながらの帰宿のはずが、こんなアドベンチャーになるとは(苦笑)

でも、ゆるりゆるりと、何とか宿まで到着です。

P1030181.jpg

辺りはすでに真っ暗で、道に配された灯篭がひと際輝きます。

ここで、車を降りた時、最後に滑り込みセーフで同乗した男性に、スタッフが「○○さん」と声をかけたような気が…
近くによって「Goroさんですよね?(あ、実際には本名でお伺いしました)」と声をかけたところ、「はい、あ、しんりゅうさんですか?」「そうです!」

そう、最後に同乗されたこの方が、Goroさん(ハンドルネームはgorosan5670さんですが、Goroさんで呼ばせてもらいます)だったんです!
この日が初対面の2人、元々の予定では、仕事が終わってから舟でいらっしゃるGoroさんを先に宿にいる自分がお出迎えしてご対面…となる予定だったんですけど、思わぬ形での出会いとなりました^^

ほぼ自分と同い年のGoroさんは、ブログの印象のまま、とても「優しさのあるクール」な感じの男性で、お話していると、確かに京都の人、って雰囲気が漂います。(でも、東京や千葉なんかにもけっこう長い間お住まいだったそうです)
男性のソネブロガーさんとの対面は実は初めてでして、最初はかなり緊張するのかなぁ…と思ってたんですけど、そこは一緒にアドベンチャーツアー(笑)で宿まで来た者同士、すぐに楽しくお話することができました。

P1030171.jpg

まずは夜のラウンジにご案内。(いちおう、ここでは自分がホスト、ということになりますので 笑)
写真、沢山撮ってください!という自分の案内で、写真を撮りはじめるGoroさん。撮る視点も自分とはかなり違うようで、それも含めて楽しかったです。

P1030165.jpg

夜の時間はこのようにオードブルが並べられ、カクテルタイムとしてお酒も振舞われるらしかったのですが…
「折角だから、自分の部屋も見ていきますよね?」「是非!」ということで
ラウンジでまったりせずに、お部屋に案内させてもらいました。

時間もあまりないので、お部屋を好きなだけ撮ってもらい…
あ、このあたりはきっとGoroさんが記事にしてくれるはずです^^

P1030194.jpg

なので、お部屋からの眺め、トロッコ列車線路沿いのライトアップの風景をどうぞ~

そうこうしているうちに、ダイニング予約のお時間になりました。

P1030196.jpg

ラウンジの斜め向かいに位置するこちらの建物、ダイニングにお邪魔します。


続きを読む


nice!(38)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

星のや 京都(5)-「山の端」そして「月橋メゾネット」のお部屋も! [-星のや京都]

星のや 京都に到着し、さっそくお部屋へご案内してもらったわけですが、なんせ新しい旅館。
この25室はすべて造りの異なるお部屋で、ご紹介した「葉雫」のお部屋もそのうちのほんの1室。
実は、「折角だから、他のお部屋も見てみたいなぁ~」と思い、図々しくも「拝見できませんか?」と事前にお願いをしてみたところ快くOKのお返事をいただきました。
ということで、実はチェックインの時間よりちょっと早めに着いて、自分のお部屋に案内してもらう前に、別部屋を先に見せてもらっていたんです。ちょっと得した気分^^

P1020866.jpg

玉砂利の上を歩きながら、長屋風のお部屋を右手に進んでいきます。もちろん、右側はすべて客室になってます。

P1020884.jpg

本当に昔の住宅地を歩いているかのような感じですね。

P1030303.jpg

これ、宿の見取り図なんですが、このように大堰川沿いに並んだ長屋のような作りになっていて、すべてのお部屋が川を正面に臨むことができるんです。106~109号室がありませんが、これは110~114号室の下にあるそうです。元々高台にありますから、こちらのお部屋からももちろん、川沿いの景色を堪能できますよ。

こうしてみると、自分の泊まったお部屋って、かなりいいロケーションなんだなぁ♪

続きを読む


nice!(31)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

星のや 京都(4)-葉雫ダブルのお部屋・2 [-星のや京都]

星のや京都、葉雫ダブルのお部屋のご紹介、2回目になります。

P1020936.jpg

今こうして写真をアップして、記事を書いていても「ああ、よかったなぁ」と思い出してしまいます。
今日は、前回紹介できなかった部分をまとめてご紹介です。

P1020938.jpg

ソファの後ろに、旅館ステイに必要なもの一式が揃えられています。
収納ひとつとっても非常にスッキリしていて、このあたり、ホテルステイに慣れている自分にとってはとっても有り難いです。

P1020939.jpg

星のや京都には軽井沢同様、テレビはありません。
最初はちょっと戸惑いましたが、スイッチひとつで次から次へと入ってくる雑多な情報をシャットアウトして、静かに一夜を過ごすということも必要だなぁ、って感じました。
その代わり、インターネットは無線LANでいつでも利用できますので、必要な方はパソコン忘れずに持っていってくださいね。

CDプレーヤーはきちんと備え付けられてますから、前述のライブラリーでCDを借りるもよし、お気に入りを旅行鞄に忍ばせていくもよし、です。ipodプレーヤーにもなるので、手持ちのipodを繋いで音楽を楽しむこともできます。(自分は、ipod派ではないもんで、このあたり、使い方まではチェックしませんでした…)

P1020940.jpg

この箱、左の木箱にはレターセットが入っています。おもしろかったのが、筆記用具がいわゆるボールペンなどではなく「鉛筆」と「筆」!そして、硯や墨も入っているんです。
(なのに、中身の写真を撮るのを忘れてしまった…すみません^^;)
右の金属製の箱には宿泊案内がおさめられていました。

続きを読む


nice!(29)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

星のや 京都(3)-葉雫ダブルのお部屋・1 [-星のや京都]

さあ、いよいよ星のや京都、お部屋へ案内してもらいます。

星のや京都のお部屋は8つのタイプに分かれています。
特別室「月橋」が2タイプ、「山の端」が3タイプ、「葉雫」の2タイプ、そしてシングル用の「水の音」。

そんな中、今回は「葉雫」のタイプのお部屋に泊まらせていただきます!
オープニング期間ということもあったかどうかは定かではないですが、元々の料金設定が平日で59,000円。かなり強気です。
その後、宿泊日が近づくにつれてディスカウントされ、59,000→54,000→50,000円となっていきました。
キャンセルチャージが14日前からかかるので、注意してくださいね。

このお部屋は2人用で、ベッドタイプがツインかダブルを選択できます。
自分はもちろん、いつもの通り、「ダブルベッド」のお部屋をチョイスです。

P1020979.jpg

メインの小道から、ほぼ1フロア分下に降りた場所にこのお部屋はありました。
この場所は手前の118号室と、奥の119号室の2部屋のみの長屋で、他のお部屋と比べると大堰川の川辺により近い場所に建っています。

P1020978.jpg P1020917.jpg

自分のお部屋は奥にある119号室。手前の118号室がツインタイプ、119号室がダブルタイプの「葉雫」のお部屋になっているようです。

P1020920.jpg

鍵はこのようにおしゃれなキーホルダーにつけられてます。

P1020918.jpg P1020919.jpg

いわゆる和式の引き戸タイプの入り口を開けると、男女別の草履が用意された玄関になります。
ここで靴を脱いで、黒を基調としたシックなフローリングの廊下を進んでいきます。ここまでは普通の和旅館の趣がたっぷりなんですが、廊下の右手にあるお部屋へ入ってみると…

続きを読む


nice!(33)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

星のや 京都(2)-私邸の玄関口 [-星のや京都]

やってきました、星のや 京都。

P1030249.jpg

2009年12月12日のオープン、客室数25室。限られたゲストにだけ許される贅沢な空間。
昨日の記事にも書きましたが、これまであった旅館内の建造物や周囲の自然を極力そのまま残しつつ、必要な機能やデザインは現代の時代にもマッチした姿に変えていくというこの試みは、これまでの歴史を大事にしながらも、新しいものを随時取り入れていくという京都の街に非常にマッチしたものではないかと思います。

P1020845.jpg

舟着場を降り、階段を上りながら、邸内に一歩ずつ近づいていきます。
以前からあった佇まいをそのままにしたこの雰囲気、まるでどなたかの「私邸」にお邪魔させていただくかのような感じです。

P1020846.jpg

壁面に残された苔も、昔から着実に積み重ねられてきた歴史を感じます。こうした部分はそのまま残されているとのこと。
上に見えるのは客室の一室になります。

P1020849.jpg

そして、真ん中に登場したこの「水の庭」。
ここだけは玉砂利の上に四角に並べられた石畳のデザインが真新しくて斬新、モダンなデザインに仕上がっています。
最初は「ちょっと周りと調和していない」感もありましたが、慣れてくると、非常に簡素で落ち着いたこの庭が以前からそのままあるかのような感じに溶け込んでくるので不思議です。
今の季節はちょっと寒いけど、暖かな季節にはこの庭先でのんびりするのも良さそうですね。

続きを読む


nice!(47)  コメント(28)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

星のや 京都(1)-「水辺の私邸」へようこそ [-星のや京都]

連日でお伝えしている京都旅行記、
前回の思わせぶりな写真の意味、もうお分かりですよね。
お目当ては…

P1020797.jpg

あの渡し舟!
そして、舟の先端に描かれているあのロゴは…

P1020798.jpg

そうです、今回の旅の目的が、この「星のや 京都」だったのです。

星のやといえば、軽井沢の星野温泉にある「星のや 軽井沢」が有名ですが、元々旅館、リゾート再生というコンセプトのもとに出発した星野リゾートが、再生事業として白羽の矢を立てたのがこの京都、嵐山だったわけです。

この星のや京都、元々そこにあったのは、嵐山で最も古いと言われている旅館「嵐峡館」。江戸時代の豪商、角倉了以(すみのくら・りょうい)の私邸だったといわれるこの場所を、明治時代に旅館として開業し、約100年にわたり営業を続けてきたこの旅館。前の経営者が死去した3年ほど前から休館状態が続いていたところを、この星野リゾートが買い取り、「星のや」の冠を掲げての再スタートとなったそうです。

オープンは2009年12月12日、自分がステイしたのはオープンして本当に間もない日となりました。

何故宿泊することになったか…
実は最初自分がステイしようと思っていたのは「星のや 軽井沢」の方で、ここのスパに一度行きたいと思ってHPを開けたところ、片隅に「星のや 京都」のバナーが…
ちょうどHPが出来たばかりで、まだ全貌も見えていなかったのですが、宿泊予約も受け付けを開始していたので、何となくですがぽちっ!と予約をしてしまい…

だから、本当は「星のや 軽井沢」の方が先に登場するはずだったんですが、新しもの好きな自分は、先にこの「京都」をチョイスしてしまうこととなりました。
まあ、12月の軽井沢なんて、寒くて寒くて自分にはとても行けそうにありません。京都の方がまだそれと比べれば暖かいかなぁ…なんてわけで^^;(でも実際、京都も寒かったですけど)

あ、自分のステイまでのくだりはどうでもいいですね。さっさと本題に移りましょう~


続きを読む


nice!(38)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
-星のや京都 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。