So-net無料ブログ作成

ロイヤルパーク汐留タワー「マンダラ・スパ」体験記-1 [-ロイヤルパーク汐留タワー]

予告どおり、汐留日記はまだまだ続きます。(もう13日目ですが、実際には2日間です)

パークホテル東京を後にし、そのまま帰ろうかと思いつつ、このエリアにあるもうひとつのホテル「ロイヤルパーク汐留タワー」も折角なのでと思い立ち寄りました。


(コンラッド東京からみたロイヤルパーク汐留タワー)

ここには代表的なアジアンスパのひとつ、「マンダラ・スパ」の日本唯一の店舗が入っています。

ホテルのロビーを見ようと思って入ったのですが、マンダラ・スパの誘導サインにひかれ、エレベーターでB2にあるスパへ向かいました。


(エレベーターホールの中)

このスパはホテルというよりも、汐留タワーのビル内にある一ショップのようなエントランスになっていて、普通の方でも気軽に入ることができます。
非日常を、と感じている方にとっては物足りなさを感じるでしょうが、普通のデイスパとして考えれば問題ないでしょうね。

レセプションで、やっているトリートメントの内容について質問しました。そして、
 「今日これからお願いできますか?」
すると、時間25分の「エクスプレス・マッサージ」ならば時間的に可能です、との返事…
 「お願いします」

今の時間は1時20分、で、1時30分からの開始です。
コンラッドを出てから1時間も経ってないのに…まあ、ここまできたら試さない手はありませんね。



レセプション奥のカウンセリングコーナーに座ると、早速にお茶とおしぼり、そして4種のトリートメントオイルが出てきました。このお茶は、ジンジャーの入ったオリジナルティーで、ちょっと味がきついですが、身体が温まります。
トリートメント用のオイルは
 Mandara(サンダルウッド、バチュリ等の香り)
 Exotic Spice(ナツメグ、ジンジャー、クローヴ等の香り)
 Harmony(ラベンダー等の香り)
 Tranquity(香りの種類は忘れましたが、安らぎ等の効果があります)
の4種類から選べますが、折角だったので、オリジナル性の高いMandaraを選びました。

カウンセリングシートに記入し、その後更衣室へ案内されます。

更衣室はそれほど広くありませんが、十分なゆとりがあり、パウダールームが併設されています。



タオルとバスローブが渡され、着替えます。ここは大き目のボクサートランクスで、ウエスト調節用の紐がついてました。



青いタオルの上に乗っているのは、シューズロッカー用の鍵です。

時間に余裕があれば併設のハイドロバスで身体を温めるのですが、今日は時間がないため、即トリートメントルームへ案内されました。

何となくドタバタでしたが、ミニトリートメントの始まりです。

ロイヤルパーク汐留タワーのご予約はこちらから


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。