So-net無料ブログ作成

20年ぶりのこの地へ…ザ・ウィンザーホテル洞爺 [-ザ・ウィンザーホテル洞爺]

ついにこの地へやってきました。

DSC02441.JPG

日本が世界に示したこの場所を、今回選んでみました。




すでに「ミシェル・ブラス・トーヤジャポン」の記事をご紹介した通り、この夏、ついに北海道の地に降り立つこととなりました。

思えば、北海道に行ったのはこれまでの人生でただ一度。20代半ばに、「流氷を見に行こう!」という同僚との話で、極寒の網走に行って以来、約20年ぶりとなります。このブログを始めてからはもちろん初。
(なので、おわかりの通り、まだ札幌さえも足を踏み入れていないんです。)
2日続きの休みが取れるとなった瞬間、「天気が良さそうな場所はどこだろう?」と日本全国の天気を見て、唯一雨マークがなかったのが北海道だったという理由ではあったりするんですが、前日に宿泊先を決め、手配を済ませて、翌日6時前には家を出て…というパターン。かつての行動力、復活か?
(いやいや、さすがに、これは後で堪えました^^;)

DSC02120.JPG

今回はいつも乗ってるJALではなく、ANAのフライトを選びました。時間的にこちらの方が良かったもので。
なので、羽田の第2ターミナルから搭乗するのも、実は初めて、だったりします。第1ターミナルと全く違う雰囲気に、最初はちょっと戸惑いが…

DSC02128.JPG DSC02129.JPG

今回のフライトでは、前回石垣島からの帰りに使ったプレミアムクラスを再び選んでみました。
ANAのプレミアムラウンジを利用したわけですが、時間があまりなく、こちらは雰囲気だけ感じてきた、という感じです。
生憎の雨模様の東京。北海道は大丈夫だろうか…

DSC02134.JPG

ANAのプレミアムクラスで提供される「GOZEN」のメニュー。
家を出る時にちょっとパンをかじってきた程度だったので、この朝ごはんは助かります。
特に野菜のミネストローネが、身体に優しい温かさで、有難かったです♪

DSC02137.JPG

めずらしく窓側の席が取れたので、外の様子を写真で…とも思いましたが、本州付近は雲に覆われていて、地上の雰囲気は全くわからず、雲の上をひたすら飛んでました。多少切れ間が出てきたあたりで着陸体制に入ったため、写真は残念ながらなし、です。

DSC02153.JPG

新千歳空港に到着です!

DSC02166.JPG

レストランやショッピングモールがかなり充実の新千歳空港。到着から次の移動まで一時間ほど時間があったので、スパならぬ…

DSC02160.JPG

新千歳空港温泉を目指しました!少しの時間でもお湯に浸かってのんびりと…
え、「開場 10時~…」
時間がなく、今回は泣く泣く断念。次こそは!

で、この後は、新千歳空港駅から、今回の目的地である「洞爺」まで、JRを使っての移動としてました。
室蘭本線の時刻表とにらめっこしながら、「まあ、当日切符買っても大丈夫だろう」と、高を括っていたのが大間違いでした。

DSC02169.JPG

乗継の南千歳駅から洞爺駅までの約1時間40分、指定席がとれず自由席に。
しかも、この時間帯、けっこう混んでるんですね…自由席は満席で、立ちんぼでの移動となってしまいます。

おまけに、北の大地で、あろうことか「線路点検のため、しばらく停車します…」とのアナウンスが…
実質初めての地、しかも、長時間の移動を自由席で。そこで列車がストップとは…
ホテル着の予定時間直後に、以前ご紹介の「ミシェル・ブラス」のランチを予約していたので、「これもパーなのか…」と、最初からツキがなさすぎる。

(結果、停車していたのは30分弱。遅れはしましたが、ホテルにメールを入れ、何とか送迎バスにも連絡をとってもらい、大きな遅れなくホテル着、そしてランチをいただくことができました)


DSC02175.JPG DSC02174.JPG

苦労の末にたどり着いた洞爺駅。
ここは、ご存知のとおり、北海道洞爺湖サミットの開かれた場所。駅前にも記念碑がありました。

DSC02179.JPG

それ以外は、ごくごく普通の駅。ハイシーズンというわけでもないので、駅前も非常に静かでした。
ここで、慌ただしくホテル送迎バスに迎えられ、駅前を散策する余裕もなくバスに乗り込み、ホテルを目指します。

DSC02183.JPG DSC02187.JPG

ほとんど予備知識もなく、乗り込んだバスからは、早くも洞爺湖が見えてきました、
ただ、曇りの天気で眺めは最高!というわけでもなく、ここから、標高差のあるホテルまでを山登りで目指しました。

DSC02193.JPG DSC02195.JPG

やってきました!ザ・ウィンザーホテル洞爺!
このホテル、洞爺湖サミットの舞台になったこともありますが、それより、このブログを始め、都内のスパをあちこち回っていた当初、リゾート地のスパならここ!という高い評価を得ていた場所だったので、ずーっと行きたい!と思っていた、ある意味憧れの場所でした。
今でこそ、国内リゾート各地のホテルや温泉にスパがあることは珍しくなくなりましたが、まだまだ日本のスパが発展途上(?)だったその頃においては、ここはスパ特集があると、必ず取材されていた場所でしたから…

DSC02201.JPG

ホテルに入り、フロントへチェックインに出向く前に一枚!
正面からの写真は後ほどということで…

DSC02198.JPG DSC02199.JPG

まさにこれぞホテルのフロント!という感じ。
横に長いデスク、そして背面に施された絵、そして生け花。
リゾートホテルに来たなぁ~という感がたっぷりです。
フロントスタッフの応対も丁寧で、好印象です。

DSC02255.JPG

今回のステイ、ウィンザーホテルの特徴であるプリミエールスタイル(チェックインから24時間の滞在が保証されたスタイル)ではなく、ごく普通のプランを選びました。
本来ならチェックインが15時ですが、到着した13時過ぎに、すぐお部屋に案内してもらいました。
エレベーターホールの中央に置かれた「ひまわり」が、印象的でした。

DSC02241.JPG DSC02242.JPG

エレベーターを降り、比較的そこから近いお部屋が今日の宿泊場所です。
さてさて、どのような感じのお部屋なのか…

DSC02530.JPG



(つづく)



ザ・ウィンザーホテル洞爺のご予約はこちらから

nice!(12)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 12

コメント 5

baby_pink

大変でしたね.。
初めての地だと尚更不安になりますものね。
でも、無事にホテルに辿り着いて安心しました^^
あ。そういえば・・私、北海道へ行ったことなかったです(..)
続き、楽しみにしています♪
by baby_pink (2014-08-19 10:20) 

サットン

今度は北海道ですか!
このホテル、元ホテル屋の私にとっても思い出深い存在です。エイペックスとして開業当時、当社もバブルに浮かれて新規出店の嵐でした。PRのため頻繁にコンタクトしていた業界紙のエライさん曰く「お宅のホテルも凄いけどエイペックスは本当に凄いわ!」と興奮気味に話していたのが忘れられません。
その後紆余曲折があったようですが、このところ窪山哲雄氏の消息共々耳にしなくなったので調べてみると、最近になってホテルのオーナーが替わったんだとか。
このホテルがしんりゅうさんにどう映ったのか楽しみです!
by サットン (2014-08-19 11:14) 

フェイリン

お天気を見ながら旅先を選ぶなんて流石しんりゅうさん!
修学旅行でしか行ったことない北海道なので学習させて頂きます。
無事にホテルに辿り着けて良かったですね~。
by フェイリン (2014-08-19 21:02) 

みち

ぐるぐるの通路がある空港って羽田の第2ターミナルだったのですね!
度々ドラマで使われてますよね^^
数年前に北海道旅行をした時、交通の不便さにビックリしました。
事前に時刻表とにらめっこ。。。行きたい所はあっても、どう考えても
行ったら最後帰ってこれない状況で諦めるしかありませんでした。
結局は母の友人の車に乗せて頂いて、主要な場所は観光できたんですけどね♪
by みち (2014-08-19 23:48) 

しんりゅう

みなさん、ご訪問、nice!&コメント、ありがとうございます!
北海道はホントにご縁がなくって、2回目だったんですが、
自然の素晴らしさに、「また行きたい!」って思いました。

>baby_pinkさん
列車が止まった時、東京でもあまり遭遇しないので(運がいい?)
「なんてツキのない。やっぱり、北海道とは縁がないのか…」なんて
思ったりしちゃいましたよ。
続きはどんどんアップしてますので、楽しんでいってくださいね♪

>サットンさん
色々あったホテルだということは自分も知っていて、
どのくらいのものなんだろう?って興味持ちながら見てきました。
これだけの施設を維持していくのはやはり大変だろうとは思いますが、
シニアの方々が多くて、これからの高齢化時代、年配の方が安心して
泊まれそうなホテルとして、何とか大丈夫なんじゃないか?って感じました。
年配の方は、お金と時間のある方もかなりいらっしゃるので
高い質を維持できれば、お客さまもついてくると思います。

>フェイリンさん
時間ができて旅行、という時、やはり気にするのは天気。
一度決めたら、色々下調べしつつ、天気をチェックしながら、あとは
「念」を入れて、晴れるのを祈りつつ当日を迎えたりします。
なかなか思い通りにはいきませんが…現在進行中の記事で、その
チョイスは正しかった!って思いましたよ♪

>みちさん
そう、ANAを使わないとこちらに来ることはなかなかないので、
とても新鮮でしたね。
北海道はホントに広いので、列車だけだと確かに不便です。
車は必須ですね。自分は普段車に乗らないので、そういうこともあって
北海道はなかなか厳しいとは思いましたが、
食わず嫌いせずに、これからは行ってみたいと思います!
by しんりゅう (2014-09-07 22:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。