So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ザ・ひらまつ ホテルズ&リゾーツ宜野座④~パブリックゾーン [-ザ・ひらまつホテルズ&リゾーツ宜野座]

3種類の「青」が織りなす、リゾートの極み。

DSC_2760.JPG

もう、帰りたくない。そんな気分…





ひらまつ宜野座のパブリックスペースは、それほど色々なものがあるわけではありません。
でも、それを楽しむなら沖縄県内にも別のリゾートホテルがいくつもあります。わずか19室のこのホテルにおいては、ほんの少しの寛ぐスペースと、プールと、そして、豊かな自然があれば十分です。
「何もしない贅沢」を楽しむことで、日頃の喧騒から逃れ、自分自身をリセットする。そんな旅をするための場所なのだろうと思います。

冒頭の写真でご紹介したような場所で、ひたすらのんびりできれば、自分はそれでいいや!

DSC01242.JPG

以前の記事でもご紹介したとおり、プールは部屋から歩いても1,2分でたどり着ける場所にあるので、自分の庭のような感覚でここに来たり、部屋に戻ったりできるのが魅力です。

DSC_2757.JPG

プールの広さは18m×7m。ちゃんと泳ぐにも必要な最低限の距離はあります。プールサイドから3段ほど段差があって、最深1.2mなので、のんびり泳ぐにはとてもいい感じ。


DSC00952.JPG DSC00958.JPG

プールサイドには、幌付きのデイベッドが5脚と、フラットなベッドが2脚(パラソル付)あります。
大判のタオルが用意されているので、何も持たず水着だけで来てもOK。終わったらプールサイドに籠が用意されているので、そこに入れておけば、スタッフが適宜整えてくれます。

DSC00953.JPG

プールサイドにはジャグジーもあります。冷えた身体を温めるためのものなので、盛夏だとほとんど意味をなしませんが、10月ぐらいのちょっと暑さが落ち着く頃には、これがあるとないとで大違いでしょう。風が吹いてちょっと涼しいという時間帯にも重宝します。

DSC00959.JPG DSC00960.JPG

男女別のシャワースペースやトイレもありますので、部屋へ戻らずとも大丈夫です。

DSC00964.JPG DSC00965.JPG

プールの脇に、砂浜まで降りていける階段があります。その距離もわずか1分程度。
この砂浜はひらまつ宜野座のプライベートビーチではなく、公共の海岸になります。かつ、クラゲなどから身を守るセーフネットもありませんし、監視員がいるわけでもないので遊泳するには不向きな場所です。
元々はここを海水浴場にしたいということで、ひらまつの方も地元と掛け合ったとのことですが断念されたそうです。

DSC_2611.JPG

これは滞在初日、台風が通り過ぎた翌日の海岸の様子です。海もちょっと濁った感じで、海岸には海藻が多く打ち上げられていました。それでも十分綺麗なのですが。

DSC01219.JPG

これは2日目の日中に撮ったもの。水はかなり綺麗になってますね。

DSC01189.JPG DSC01211.JPG

砂浜は比較的遠くまで浅いのですが、途中には岩場もあったりします。自然そのままの海岸です。

DSC01207.JPG

海から見たホテル。けっこう遠くまで来ましたが、このあたりで腰よりちょっと上くらい。
(先ほども書いたとおり、監視員もいない場所なので、自己責任でお願いします)

DSC_2698.JPG

これは3日目。
ここは東海岸なので、午前中は水平線から昇ってくる太陽の光がさんさんと降り注いできます。
西海岸のホテルと違った景色を臨むことができます。
早朝の日の出の様子も撮影してますが、それは次の記事でご紹介しますね。


(期間限定写真、終了しました~)


さて、プールはあるけど、ちょっと冷たいものが欲しいとか、そんな時には

DSC00919.JPG

プールサイドからこちらもほど遠くない場所に、ラウンジがあります。(レセプションの階下になります)
ラウンジは日中11時~20時にオープンしてます。

DSC00912.JPG

席数はそれほど多くありませんが、ちょっと涼むのには良い場所...ただし、ドアを開けると熱気が入ってくるので必ずしも涼しいわけではありません。

DSC00916.JPG

ここでは、アイスコーヒー、アイスティー、アラン・ミリアのジュースなどが無料でいただけます。

DSC00917.JPG

パンやサンドイッチ、フルーツも用意されていて、ちょっとした軽食ならこれでOK。もちろん無料。

DSC00914.JPG DSC00915.JPG
しっかりランチが欲しいという方には、有料での軽食も用意されています。アルコール類もあります。

シーザーサラダ1,200円、クロックムッシュ1,600円、かき氷800円。シャンパンは2,500円、ビール1,200円、フルーツスムージー1,500円など、こちらはさすがにホテル価格…

DSC01213.JPG

で、2日目にスタッフの方からお勧めされた「仔羊となすのラザニア」をいただきました。(1,800円)
軽食と侮っていたのですが、いやいや、しっかりとしたボリュームで、挽肉、なすもしっかり入っています。十分お腹満たせました、そして美味しかった!熱いけど、お勧めです。

DSC00904.JPG

最初の記事でも書いたとおり、ラウンジの階上にはレセプションスペースが。

DSC00906.JPG

DSC00907.JPG

DSC00908.JPG

こちらには、ホテルのアメニティや泡盛などのギフトが用意されています。泡盛はこちらのオリジナルですね。

そして、この建物にはもうひとつの施設が。

そのお話は、次の記事で。


(つづく)


ザ・ひらまつホテルズ&リゾーツ宜野座 のご予約はこちらから






nice!(3)  コメント(2) 

nice! 3

コメント 2

J

ひらまつの詳細ありがとうございます。あえて東海岸の立地でよりゆっくりできそうですね!また海でのお写真も素敵です♪
これだけ詳細知ってしまうと秋まで待てないので、近々行ってみようかなと思います:)
by J (2018-08-09 00:13) 

しんりゅう

Jさん、コメントありがとうございます!
ここはアクティビティを楽しむというよりも、ひたすらのんびり、ゆっくりできる場所です。レストランも見事なので、地元であっても一度行かれていいかもしれませんね♪
by しんりゅう (2018-08-13 22:29) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。